MENU

喘息か何とかの判断基準

喘息かどうにかの分け目は?

気管支喘息の診察と検査「スパイロメトリー(息づかいスペック診察)」とりわけ、喘息を診断するには、いくつかの診察があります。

 

異常や年頃などあこがれに沿って、医師の判別の元、いくつかの診察が行われます。

 

次にこれらの診察を紹介します。

 

息づかいスペック診察(スパイロメトリー)

スパイロメトリーとは、「スパイロメーター」というアタッチメントを使用して、息づかいスペックの診察をします。ひと度、こういう診察は息吹を肺のミドル一杯に吸い込んで、次に思う存分吐ききります。

 

肺活量(探究性肺活量)と、吐き始め~吐き終わるまでの時間、吐く調子の計測をしましす。最初の1秒間で吐き出された雰囲気の本数を「1秒本数(FEV1)」といい、喘息の検査のポイントとします。

 

喘息の皆さんの場合は、肺活量や1秒本数は円滑のナンバーより薄くいといわれています。

 

気道神経質性試行

発作をおこし易くなるお薬を使用して、どの程度の濃さで発作が起こるか、気道の神経質の水準を計測していきます。
また、重病な皆さんであるほど気道神経質性は厳しく、手当てにより低くなるとされています。

 

血診察

どのアレルゲンでアレルギーを起こしているのかを、特定を行う診察です。これは血を採血するためわかります。

 

採血した血といくつかの目星をつけたアレルゲンを調和させて、アレルゲンに対する抗体「独特チックIgE抗体」が検出されるかを確かめる診察になります。

 

また、「RAST法」という血診察では、6階段になり、MAST法では、一回に「26範疇」方法アレルギーについての診察を行えます。

 

人肌調和トライ

特定のアレルゲンに対して、アレルギー調和が起こるかを人肌の調和で確認する診察です。

 

具体的に、疑いのあるとされる「アレルゲンエキス」を人肌につけてかゆみや浮腫が出るか調和をみていきます。これらの異常が出た場合は、その物質はアレルゲンと特定されます。

 

胸部レントゲン診察

喘息と間違い易い他の息づかい箱病態と判別するあこがれや、肺炎といった合併症が起こっていないか調べるために行う診察です。

 

その他の診察

医師により必要だと判断された場合には、心電図診察、内面エコー検査、胸部CT診察、気管支鏡診察などが行われます。

 

検査ポイントは?

以上の診察特性に加えて、検査要素としては、喘息特有の異常があるかということになります。例えば、1日で真夜中~明方にかけて咳や喘鳴が起こったり、寒暖差があると咳が起こるといった異常があるシーン。

 

このような異常が長く続いているシーン、流感ではなく、喘息を疑うことが大切になります。

 

また他にも、発作ときの異常、児童喘息、アレルギー病態の既往、所帯に喘息の方がいるいない、如何なるルーティンワークをしているか、タバコ歴、ペットを飼育しているかなどがあげられます。

 

 

大人気管支喘息の検査ポイントは?

 

気管支喘息の重病ごと
喘息の重病ごとは以下の4階段に分けられます。

 

・軽微間欠システム
・軽微耐久システム
・中等症耐久システム
・重病耐久システム

 

自分がどの段階にいるのかで、その異常も手当て流儀も違ってきます。

 

喘息予防・操縦指標に則り、異常の状態や息づかいスペックの実績により、医師が重病ごとを判断します。重病度に応じたお薬の範疇や本数が選ばれていきます。

 

もっと詳しくは、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。

 

また、喘息には長期間の手当てとなることもありますので、医師の判別や診察実績や、どの段階にいて、どのくらいの異常になるまでこういうお薬を飲み続けるのかなど、細かく説明してくれる医師を見つけることが大切になります。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

シングレアホームはわたし