MENU

喘息の治療を選ぶ開設

手当てを選ぶ目安となる重病たび

-「発作を軽減化させるお薬」と「発作を予防するお薬」の使い分けみたい-

 

喘息には、起こった発作を鎮静化する診療の別、発作を予防する診療も大切になります。そのため、喘息の手当てとしては以下に分けられます。

 

・発作手当て=起こった発作を軽減化させる
・長期調節薬(コントローラー)=発作防御の結果日毎続ける

 

こういう2型があるといわれています。発作手当ては発作があった場合だけ使用するお薬になり、長期調節薬は日毎摂取するものになります。

 

 

・喘息は発作防御に日毎継続する「長期調節薬」が大事!
例えば、虫歯などで痛みを伴うことがあれば、歯医者にいって治療します。これ以上虫歯にならないために、日毎歯をケアすることはどんどんポイントだと知っています。

 

それと同様に、喘息も発作が起きれば、病棟に行き診療をしますが、これ以上発作が起きないように長期調節薬で日毎ケアするのは最も大切なことといえます。

 

 

・コントローラー(長期調節薬)
・抗炎症反映のある吸入ステロイド薬
・気管支開設反映のあるたくさん反映性吸入β2外敵薬

 

こういう2つの薬剤を一緒に吸入することのできる結合剤
・ロイコトリエン受容身体拮抗薬
・テオフィリン徐放製剤
・抗IgE抗体

 

といったお薬が多数あります。
また、発作が起きたときに使用される手当ては主に、「一寸反映性吸入β2外敵薬」といわれています。

 

・発作が起こらないように日毎継続する「長期調節薬」が実態!
~薬剤が直接的炎症部に作用する喘息吸入薬が主力~
喘息の手当ての形状には以下のようなお薬があります。

 

・内服薬
・吸入薬
・貼り薬
・注射薬

 

このように多岐に及びます。

 

使途としては、賢くお薬を吸い込めない人物には貼り薬や内服薬を使用します。こんな目当てや様相の他に、年頃などにも応じて使い分けをします。

 

こういう取り分け主流になるのは、直接的気道の炎症部に届いて、少しの量でも効果が感じられる吸入薬が数多く使用されています

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

シングレアHOMEはこっち